じじポン

時事ネタにじじぃがポンと思いついたことを投稿していきます。

八つ橋は生八ツ橋であって八ツ橋ではない

というのが私の持論なのだが。。。

 

毎日新聞が「八ツ橋を使った新しいスイーツ」を紹介しているが、これは「八ツ橋」ではなく「生八ツ橋」だからね。

 

と思ったのだけど、調べてみると最近は「生八ツ橋」のことを「八ツ橋」と呼ぶ人のほうが多いのかもしれない。認知度の差?時代?

 

いずれにせよ新聞社がきちんとした用語認識を伝えることを放棄しているのはなんともいただけない。。。

国会議員の新型コロナ感染

まあ、さもありなん。

 

国会議員って、ある意味「人に会うこと」が仕事みたいなとこあるから、いつ感染したっておかしくないのよね。

 

だから「国会議員のだれだれが感染した」とニュースになって広く報道されることには意味がある。と思う。

 

なんならすべての国会議員の動向を逐一記録に残して、いつ、だれとどのくらいの時間、どのくらいの距離で接触していたかをしっかりとチェックすれば、いろいろな意味で有意義だと思うし、もしかしたら感染拡大を防ぐ有効手段かもしれない、ともね。

 

成人式について

変える価値、変えない価値。

 

自治体では「18歳で成人式を実施するか」で揉めているらしい。

自治体側の言い分は「自覚を促すため」とからしいが、まあ本当の理由は別にあるのだろう。

 

とりあえす「18で成人」とか、まだ中途半端な制度なのにね。

 

なにをイキがっているのやら。政府広報のページによれば、18歳になったらできることの例がリストアップされている。

  • 親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになる
  • 親権に服さなくなるため、自分の住む場所、進学や就職などの進路なども自分の意思で決定できるようになる
  • 10年有効のパスポートを取得できる
  • 公認会計士司法書士行政書士などの資格を取得できる
  • 女性が結婚できる最低年齢は16歳から18歳に引き上げられ、結婚できるのは男女ともに18歳以上となる

一方、18歳になってもできず、20歳でやっとこさできるようになることは、

ようするに「制度的には大人とみなすけど、身体・精神的にはそうは認めないよ」というご都合主義的な制度変更なのだ。

こんな状態で「自覚を促すため」とか、ちゃんちゃらおかしい。

 

そういえば「成人の日」も、1月15日から「1月の第2月曜日」に変えられた。これもまたかなりご都合主義的な制度変更によるものだ。

現行の制度によれば、来年2023年には「成人の日」は1月9日だ。翌2024年にはもっとも早く1月8日になる。

 

もともと1月15日は「松の内」の終わりでもあり(地域によっては1月7日のところもあるとのこと)、その日付自体に意味があった。元旦から日にちもたたない8日に成人式となると、新成人だってその家族だって慌ただしい。

 

そういう、誰だか知らないが妙なご都合を人々に押し付けてニヤニヤしている一部の人間による、中途半端な制度変更に振り回されるのは、ホントに勘弁願いたい。

 

 

オミクロンに躍る2

やっとこさ置き換わってきた。

 

感染者数が増え始めたものの、まだオミクロン株が割合的に圧倒的に少ない段階で、まるでオミクロンが感染を拡大しているかのように報じたマスコミについて指摘したのがちょうど10日前。

やっとこさオミクロンが大勢を占めるようになってきた。

 

さて、今度はマスコミはどんなプロパガンダを展開させるのでしょうね?

 

と思ったら、ひたすら感染者数ばかり強調してますな。

毒性の弱さはまだ確定されていないものの、観察できる数字の範囲ではそれを裏付けるエビデンスが揃いつつある。

 

それでもマスコミは頑なに不安を煽る報道しかしないのよ。

 

「オミクロン感染が急速に拡大中!!!」

 

ほんとなんなんだこの国はwww

 

 

ボクらの街に今年も雪が降る

東京都で530人搬送されたってさ。

 

そもそも雪道や凍った道の歩き方を知らないってのもよく言われるけど、

 

だったら外出するなよ。

 

それくらいの危険に対する認識を持ってもいいんじゃないかね。働き方改革だの多様性だのと謳われているこの時代に。

 

一歩家を出れば自分では対処のできない危険がわんさか存在しているときに、なんでノコノコ外出するんですかね。頭悪い。

 

EV普及へ日本の作戦

やっぱり利権確保が必須。

 

中国からやっすいEVがどんどん入ってきて市場を席巻しようとしてるのに、日本のEVは相変わらず高価格帯を維持しようとして必死になってるのよね。

 

さりとてベンチャーの参入障壁も日本では高い。高いというか、まず障壁を高くする努力がなされているもんだから、まったく仕方がない。

オミクロンに踊る

マスコミは事実を伝えることに専念してほしいものだ。

 

「感染者数が急激に増加」といっても、それは現在なお毒性の強い(つまり重症化しやすい)デルタ株への感染が主であって、オミクロン株が大部分を占めているわけではないのだ。

 

オミクロン株は感染力が強いことが知られているが、毒性については現在のところまだはっきりしていない。

 

それをなぜ「感染増加=オミクロン株」のようにマスコミが印象付けようとしているのか、さっぱり分からない。